スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伴侶殿に出会うまで。

高校時代
ザ・女子高。
真面目・オタク・ギャルの3部門に分かれる。
所属していたオタク部門は、華々しく百合百合しさ大全開。
チューとか普通。嫉妬も束縛も物凄い。隠れて下駄箱に手紙を入れてくれた子とかがいて今思ってもちょっとときめく。チュープリとかが流行った世代でもあります。
数学年上におナベの先輩はいるわ、付き合っているという噂はあちこちから聞こえるわ、そりゃーもう花盛り。
そんな空気の中、初恋を経験。周囲がそんなだったせいなのか、あんまり悩まず『私レズだわー』と納得全開カムアウト。いやー、10代でしかできぬ豪気な所業でございました。
しかし、今となってはあの百合百合しい季節を一緒に過ごした方たちも結婚したり彼氏がいたり。
百合だったのよね、レズではなく。と懐かしくもせつなく思うのでありました。


学生時代
高校を卒業しましてもありがたくもしばらく続く学生時代。
モノゴコロや分別がついても良い頃ですが、さっぱりそれらは身に付かず。
今度は男性の方が多い学校だったにも拘らず、彼氏も作らんと彼女を作っておりました。
高校時代後期からニフティサーブ(年齢がわかるわね)でレズ業界と交信開始。その後インターネットに移行。
チャット全盛期でしたね!楽しかったねあの頃は!
どっぷりオンラインで出会ったレズの方たちと遊びつつも、門限のある家庭環境&夜遊び嫌いから2丁目には数回足を踏み入れた程度。この頃定期イベントが開催されるようになったけれど、空気の悪さに30分で出て以来足を向けず。
ずーっと初恋が尾を引いていた10代。初恋の君とはくっついたり離れたり。
彼女は本当はノンケだったのに、引きずってしまったなあと反省もあり違う気持ちもあり。
この頃から家族にカムアウトをしては聞かなかったことにされるというのを繰り返す。


10代終盤~20歳
やっと初恋の君から離れて違うひとを好きになるー……も!
非常にヘビィな介護をやっていたこともあり、私の性格の悪さもあり、疲労感蓄積後こころの病発症。
結果熱愛⇒共依存⇒死ぬだ殺すだ大騒ぎ。10代のうちにやらかしがちのことではありますが、後悔しきり。
2度目の恋は周囲に山のようなご迷惑をかけて終了。


20代前半~中盤
ぶっ倒れて健康回復に要した時間:1年。
社会生活復帰に要した時間:更に1年。
毎日サツマイモを食べて人生で初めて太る。
本気で毎日食べていたせいか、今はあんまり好きじゃない。戦中世代か、私は。
しかしながら、太ったおかげで体力があるという実感を初めて得る。10メートル走れるようになる。
ある日突然カーテンが落ちるように、景色が綺麗に見えた。呼吸ができるようになった。
付き合っているひとがいないというのはなんて素敵なことなんだ!私は私でいていいんだ!と感動的に思い、こころの病終了。
バイトを始め、健全な友人を作り、ゆるゆる遊び、ゆるゆる働き、まっとうな生活と距離感を初めて培う。
この頃出来た友人のおかげで、人間との距離感がやっと掴めるようになった。感謝の言葉もないので今もたまに食い物を送っている。
ある日『さーってこのままいたら正社員になれないぞう!やるか!』と職業訓練⇒資格取得⇒正社員の職ゲット。
働き始めたはいいが、20歳の頃の恋愛があまりにも恐ろしかったので恋人を作る気にはなれず。
21歳からの一番きらきらしていいだろう時間を独り身で過ごし、それがとーっても楽しかったという悲しみ。


20代半ば~後半
手術が必要な病気発症。さっくり手術して問題なかったものの、全身麻酔で意識を失う前の怖さを体験して色々考える。
ここまで、自分がレズビアンだということにあまり悩まずやってきた。けれど、家族は明らかに聞かないことにしたがっているし、私ももしかしたら男性と結婚して子供を産むという選択肢もあるのでは……?と悩むことがある。
悩むくらいならはっきりさせよう。1年、男性と付き合えるかどうか精一杯の努力をする。そして、1年経って駄目だったらきっぱり諦める。

決心後は本気で頑張った。そりゃーもう頑張った。
男女問わず軽い人間は嫌いなので性格がわかる出会いの場ー、何かを一生懸命やる人かどうかがわかる出会いの場ー、と考えて職場やらスポーツサークルやらで本当に本当に頑張った。
ちなみにこのスポーツサークルは、出会いの場ではあったけどしばらくやってみて凄く良かったと思う。いろんなスポーツができたし、男女問わずいろんな人間が見られて、普通なら行けないところにも行けて。
頑張れば当然成果があるもので、お付き合いのお申し出を何件か受ける。
この話題で一緒に笑える相手だし!仕事ぶりが好感持てるし!率先して動いてお年寄りに親切なひとだし!とか全員、本当に性格的にも良い人たちだったんだが。
きっぱり、駄目。
友人の間は大丈夫だったのに、告白された瞬間から30センチ以内に近寄られるのが気持ち悪い。
肩に触られたり、手を繋ごうとされるとザッツ鳥肌。
申し訳ない申し訳ない、と平身低頭して終わることが数回続き。
最後は忘れもしない。努力開始からもう少しで1年という頃。
デートのお誘いが、図書館の地味で専門的な催し物だった。
ディズニーランドやお買いもの、お台場やカフェ、という私の苦手なものに通り一遍にお誘いしてくださる男性が多い中で、図書館のこの催しとは良いところを!私を少なからず知ってくれているからだね!と今度こその気持ちで出かけー……惨敗。

あ、こりゃー駄目だ。と思った気持を覚えている。
別れたその場で即漫画喫茶へごー!
1年封印していたレズサイト呼びだし!
ここで揺るぎない自意識設立。
私はレズである!!!


伴侶との出会い以降はまた別記。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三間

Author:三間
30代女性。
食べることに人一倍情熱を燃やすイキモノ。
お酒だいすきー!おいしいものだいすきー!仕事に必要なのは愛!と能面顔の割にうっとおしい熱血系会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。