スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分を責めるのは責任を回避していることに等しい。

社内公募に合格したことが、上長に報告されて数週間。
数か月ぶりに会った上長は半ば怒り、半ば嘆息し、上司の苦労をわかってくれないと詰る。
けれど全社活動に真っ向から反対するわけにもいかず態度と言葉が相反する。
今じゃないだろう、なんで言ってくれなかったんだ、制度的にはそうだけど!と詰る合間に、言ってくれれば応援したのにと。
そして日々の業務を共にする直属の上司の言葉には、三間ちゃんがとんでもないことやってくれちゃったからー、とちくりちくりと棘と嘆息が交じる。
何も知らないクライアントからは、今後私の肩にかかってくる予定の仕事を信頼しきって語られる。


どう進めていくのが一番ベストだったのだろう、と悩む。
協調性がなく、周囲の人のことを考えられず、徹頭徹尾マイペース。人の気持ちがわからないから、文章化された制度や決まりごとに従うしかなく正論をゴリ押ししてしまう。
そんな自分の欠点を、今までなんども思い知らされているけれど。
結局、何かを選択するときには毎度毎度、杓子定規に強引に、進めてしまう。
今回も、もう少し和やかに柔らかく根回しをすることが正しかったのだろうかと悩むけれど。

悩んで自分を責めることは、自分の選択に責任を負っていないということだ。
挑戦をしなければ後悔するし、相談して止められれば挑戦ができないと思い決めて応募する選択をした時点で、上長や上司に責められることも、クライアントに迷惑をかけることも、私は、知っていた。
その上で今、結果がでてから相談して和やかに、なんて思うことは。
予想された不利益を真っ向から受け止めていないということだ。
自分をそう言って責めていれば、少しは周囲を気遣ったような気分にだけはなれる。責められる度、私も悩んだんですよなんて返答することは、『辛いんだから私のことをそんなに責めないで』と被害者のようなメッセージを周囲に伝えていることになる。
責められるのも、もっと辛い、失望されることも。
私の、選択の結果だ。

だから私にできることは。
それでも私は行きたかったんだ、という気持ちを揺らがせないことだ。
詰られ失望されることに、おろおろとして失点を取り繕おうとしないことだ。
その上で、自分の心を守るのなら。
自分を責めて独りよがりに良い気持ちになるよりも。
『会社の制度公明正大に利用して努力して、責められるんじゃたまったもんじゃないわ』
『人材マネジメントは管理職の職務でしょう。キャリアプランを明確に出していた部下がそれに沿って動こうとするのを詰るのは管理能力の欠如じゃないの?』と。
開き直ってでもきちんと、引き継ぎ準備をするほうが、ずっと、まっとうだ。

なんだって仕事場で気持ちのケアを要求するの?と。
そんな疑問を抱いてしまうのは、本当に私の欠点なのだけれども、ね。
スポンサーサイト

今日の勉強終了!

引っ越しのドタバタで出来なかった次の次の試験の準備。
気付けば今日で1カ月切る!
ということで試験準備の第一弾を終了。次は講師の方からの返信待ち。
基本的に試験前1か月はがっつり勉強することにしています。
その前からコツコツ……というのは必要なのは確かなのですが、通勤の間のすきま時間以外はどうしても追い立てられないとダラダラしてしまう…。

さて、集中して勉強したし、次は待ちタイムだし、今日は後は遊べるぞ!
それにしても、伴侶殿起きてこないかしら…。
昨日は何時までゲームしていたんだろうか…。

私を欲しいといってくれ

転職する程の熱意をこめて職務経歴書をしたため。
何か伝えておきたいことはとの言葉に、乗り出すようにして「では、アピールさせていただいてよろしいでしょうか?」と私を得た場合の利益について滔々と語った。
それを脇支えできるように、現職でさえ一人も得ていない難関の(主に時間・金銭・環境の面の難解さであるとしても)資格の1次試験合格証を引っ提げ。
前後に実施された社内試験ではトップクラスの成績を叩き出した。
けれど、それが求められている資質とは限らないことを、良く知っている。

社内公募に応募した。
未だこない返事に、結局は小心者のこころが汲々とする。
来期も私は、この場で同じ業務を行っているのだろうか?

新しく権限をくれるという。
職位と責任をくれるという。
それが1年前は、誇らしく覚悟を決めていたけれど。
年末、挑戦したいと思っていた部署からの公募に。
悩み悩み悩み、現職の上司に顔向けできないと思いながらも応募した。
挑戦しろというのは社則だろう。
それが現場の声でないことは、身に染みて知っているけれど。

私を欲しいといってくれ。
誠心誠意全身全霊を込めて尽くさせてくれ。
飽き慣れ批判しながらの会社員になりさがりそうになる度、自嘲が苦く舌を刺す。
人が好きなんですねと、言われた言葉は常套句であったけれども。
関わることを忌避しながらも、それは間違いではない。

楽園のような職場生活も。
自分に向いた職業も。
どちらもあり得ないことだと知っている。
おそらくこんなにも恋々とする部署に配属になってさえ。
私は仕事に飽き、怠け、嫌気がさし、愚痴を言うだろう。
けれど、今の場所にいるよりも。
そんな自分を、恥ずかしく思えるだろう。

私を欲しいといってくれ。
必要だと。
役に立てると。
その為に、手を尽くし頭を絞り精一杯を尽くしたけれど。
それが、無意味な場合があることを知っている。
そんなものを求められていなかったのだと、察知できなかった要求に歯噛みをする瞬間を知っている。

おそらく明日。
引き延ばされた、返事が、来る。

こんなにも一生懸命にやったことが駄目になったときに。
酸っぱい葡萄にしてしまうのは、あまりにも恥ずかしいから。
精一杯を認めてもらえなかったときに。
頑張っていないもの、と言い張る己を切り捨ててしまいたいから。

恋々と綴り。
そして、駄目だったのならば正面から悲しみ悔しがり、力不足を反省しよう。
恥ずかしさの余り、絞る言葉も失せても。
恥ずかしさなら。
自分からの嘲りよりも、まだマシなのだと。

まだ、駄目だったときに。
今の仕事場に、力を尽くすだけの覚悟はできていなくても。
そうしなければならないと、前向きな時には思えていたと。
そのことを、書き残しておこう。
それが真実になるように。
プロフィール

Author:三間
30代女性。
食べることに人一倍情熱を燃やすイキモノ。
お酒だいすきー!おいしいものだいすきー!仕事に必要なのは愛!と能面顔の割にうっとおしい熱血系会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。